国際・政治ワシントンDC

WASHINGTON D.C. 1カ月切った中間選挙 共和は相当の苦戦か=高井裕之

    筋書きなきドラマ
    筋書きなきドラマ

    トランプ政権にとって事実上の信任投票となる米中間選挙まで1カ月を切った。トランプ氏が当選した2016年11月の米大統領選と同時に実施された連邦議会選挙では、共和党が上下両院で過半数の議席を獲得したが、勢力図はどう変わりうるのか。本稿を執筆している10月1日時点での選挙見通しを整理してみたい。

     中間選挙においては、任期が6年の上院は2年ごとに定数100のうち3分の1が改選となり、今回は特別選挙(実質的な補選)を含め35議席が対象となる。それに対して任期2年の下院は定数435の全議席が改選となる。過去データをみると、米大統領にとって就任後最初の中間選挙は国民から厳しい審判を受けるのがならわしのようだ。

     米ブルッキングス研究所によると、10年の民主党オバマ政権では与党は下院で63、上院で6議席を失って…

    残り1128文字(全文1480文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット