週刊エコノミスト OnlineBook Review

『20億人の未来銀行 ニッポンの起業家、電気のないアフリカの村で「電子マネー経済圏」を作る』 評者・白井さゆり

     本書の世界観は、途上国の村づくりにビジネスとして参加し成功を収めた著者の経験にもとづく、ユニークなものだ。世界は「現実」と「ものがたり」から成り、「現実」はエネルギーや食料など人間生活に根源的で物理的に存在しているのに対し、「ものがたり」は人間が作った宗教、思想、国家、法律、金融システムなどの物理的に存在しない仕組みだとみる。しかも「現実」に合う「ものがたり」は可変的で、エネルギー・食料などの生産が拡大する「資源拡張期」と縮小する「資源制約期」とでは異なるとみる。資源拡張期には、自由競争によって上位1割の富裕層が生産物の9割を独占し、残る9割の人々が1割の生産物しか分け合えられないとしても、1人当たりの分け前が増えていくので大きな社会問題にならない。ところが現代のような資源制約期では、残る9割の人々の分け前(所得)が増えないか減っているので、次第に国家に不満を募らせて社会不安が起きやすくなる。独裁政権を倒した2010年の「アラブの春」もこうした不満が背景にあり、民主化を実現しても「現実」に合う「ものがたり」が変わって…

    残り699文字(全文1165文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット