週刊エコノミスト OnlineBook Review

『グローバル金融危機の衝撃と新興経済の変貌 中国、インド、ブラジル、メキシコ、東南アジア』 評者・服部茂幸

    編者 河村哲二(法政大学教授) ナカニシヤ出版 3800円

    変化するパワーシフト 新興国経済の注視で分析

     2008年のグローバル金融危機は、アメリカを起点とするそれまでの経済成長のパターンを崩壊させた。日米欧の危機後の経済回復は遅い。他方、中国、インドといった新興国の回復は比較的早かった(全ての新興国の経済が順調というわけではない)。それが世界経済のパワーシフトを引き起こしている。

     危機後、新興国の中でも、中国、インド、ブラジル、メキシコなど地域大国は内需中心の経済成長を目指していると本書は述べる。他方、ASEAN(東南アジア諸国連合)、韓国、中南米の周辺国といった中小国は域内統合を進めている。

    残り854文字(全文1154文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事