週刊エコノミスト Online特集

「米国第一」の法改正で細るモノ、カネ、M&A=長谷川克之 偽りの世界好景気

     米中が相互に関税引き上げのさや当てを繰り返した今年の夏、今後の世界の政治・経済秩序に影響を及ぼし得る法律が米国で成立した。「外国投資リスク審査現代化法(FIRRMA)」と「輸出管理改革法(ECRA)」である。FIRRMAは昨年11月に上下両院の超党派議員によって法案が提出され、今年6月に上下両院を通過、両院での調整を経て8月13日に大統領署名によって成立した。一方、ECRAはFIRRMAと一体で議論され、法制化に至ったものである。両法律による規制の詳細は現段階では明らかにされておらず、施行時期もいまだ確定していない。しかし、米中の貿易戦争が関税の引き上げのみならず、投資や輸出そのものにも及んでいることは注目に値する。

    残り2505文字(全文2818文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事