経済・企業独眼経眼

貿易戦争でも企業心理は悪化せず=足立正道

    図1 世界の貿易活動低下に合わせ、日本の実質輸出も鈍化
    図1 世界の貿易活動低下に合わせ、日本の実質輸出も鈍化

     世界の貿易活動が鈍化してきた。当社が注目するグローバルPMI製造業の新規輸出受注は年初から低下してきたが、9月にはその落ち込みが加速している。8月まで明らかになっている日本の実質輸出(前年同月比、3カ月移動平均)もここにきて伸びの鈍化が加速しているが、グローバルの輸出に歩調を合わせて、このまま一段と鈍化してもおかしくない(図1)。

     この夏場の日本は自然災害(大雨、台風、地震)の被害を受け、生産や輸出が7~9月期に落ち込むことが予想されている。実質輸出も鉱工業生産も前期比はマイナスになるだろう。海外経済、特に貿易活動の鈍化がこのまま進むと、日本経済の停滞は一時的では済まず、年末にかけても勢いを取り戻せなくなってしまうかもしれない。

    残り786文字(全文1105文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事