教養・歴史書評 読書日記

楊逸の読書日記 詐欺師か経済学者か 歴史を動かす問題児たち

    ×月×日

     猛暑。台風。地震。立て続けに天災に見舞われた日本。ようやく秋風が吹き始めた。一方野菜の値は高騰した。平年の同時期と比べ、キャベツは50~60%も高く、ニラは1束150円に跳ね上がった。

     ふと、最近中国のちまたでささやかれている「割韮菜」を思い出す。元々「ニラ刈り」という意の俗語だったが、近年株価を操作することで一般投資者から投資金を巻き上げ、一部の者が利益を得る手法の暗喩として使われている。

     一部の者? そんな疑問を頭に、『世界史を変えた詐欺師たち』(東谷暁著、文春新書、980円)に惹(ひ)きつけられた。「一人を騙せば犯罪だがみんなを騙せば経済政策?」帯に書かれたその一文を読んで、日ごろ見聞きする○○ノミクスといった類いの、いかにも経済学らしい用語が目に浮かび上がる。

    残り981文字(全文1324文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月10日号

    中国発世界不況 新型コロナショック20 連鎖する“新型肺炎ショック” 日経平均「1万4000円」も ■岡田 英/浜田 健太郎24 自動車 中国ディーラーの7割「客ゼロ」 ■鈴木 貴元25 ハイテク PC・スマホの期待感しぼむ ■大山 聡26 インバウンド 中国客40万人減が日本の景気冷やす ■横山  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット