教養・歴史書評 読書日記

楊逸の読書日記 政情不安な世界で輝く「粋」なリアリズム

    ×月×日

     猛暑猛暑猛暑。目覚めても、自分が金魚さながら、金魚鉢の中で息絶え絶えにもがくという夢が残っている。たぶん窒息するほどの量の汗に溺れたせいだろう。

     久しぶりに短編集を読む。『酸っぱいブドウ はりねずみ』(ザカリーヤー・ターミル著、柳谷あゆみ訳、白水社、2300円)。著者は1931年シリア・ダマスカス生まれ。81年に英国に移住したらしいが、アラビア語で創作し続け、2009年に「第1回アラブ短篇小説のためのカイロ会合」賞、15年「マフムード・ダルウィーシュ自由と創造」賞などを受賞した「国際的に知られている作家」だそうだ。 

     民俗や人情を主題に、皮肉いっぱいのキャラクターたちを登場させ、ちょっとだけずれた感覚で過ごす雑多な日常を描き、人々が住むその土地の最も自然で純朴な匂いを解き放って、その文化の流れの中で一番の「粋」を覗(のぞ)かせる、という批判的リアリズムの一冊だ。

    残り904文字(全文1295文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット