教養・歴史書評 読書日記

荻上チキの読書日記 当事者性高く翻訳も秀逸 海外コミックの成果

    ×月×日

     バンド・デシネ(フランスのコミック)の『見えない違い 私はアスペルガー』(ジュリー・ダシェ原作、マドモワゼル・カロリーヌ作画、花伝社、2200円)は、海外コミックを出しているイメージのない版元の本で意外に思ったが、とにもかくにも読めてよかった。

    「アスペルガー症候群」の主人公、マルグリットは、自分の症状のことをうまく言語化できぬまま、生きづらい日々をすごしていた。その彼女から見た日常がどのようなものか、彼女が「症状名」と出会ったことで生活がどのように変化をしたのか。「当事者の啓蒙マンガ」というものにとどまらず、マンガ的表現の妙技が光る描写で活写している。

     例えば彼女がパーティーに参加するシーン。発達障害当事者の中には、聴覚過敏の者も少なくなく、聴覚など…

    残り1036文字(全文1370文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット