教養・歴史書評 読書日記

高部知子の読書日記 裸じゃなかった! 温泉に見る新鮮な文化史

    ×月×日

     最近、こんな切り口から日本史を考えるのもアリかも!という本に出会った。『温泉の日本史』(石川理夫、中公新書、880円)。普段見かけないような難しい漢字の文献や土地名が随所に出てくるが、それは「ここの温泉は、何某(なにがし)という文献のどこそこに、このように書かれている」という根拠とともに記載されているからで、この著者はどれだけ古書を調べてきたのだろうかと、まず驚いてしまう。

     本編は記録として読める『記紀』から始まるのだが、まず「三古湯」として道後、有馬、白浜温泉が挙げられている。なかでも最も古いのが、やはり『古事記』に出てくる道後温泉らしい。著者によると道後は天皇の流刑先であったようだ。

    残り1041文字(全文1343文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット