週刊エコノミスト OnlineワシントンDC

米国社会へ進出し始めた「ジェネレーションZ」=井上祐介 WASHINGTON D.C. 

    ソーシャルメディア「疲れ」も
    ソーシャルメディア「疲れ」も

     2000年以降に成人や社会人になった「ミレニアル」(おおむね18~38歳)という言葉が一般的に使われるようになって久しい。人口の多さや社会的影響力を考えると、彼らが現代社会の主役になりつつあるのは間違いない。しかし、ミレニアル世代の冒頭に生まれた人たちは既に40歳目前に差し掛かっており、「新世代」ではなくなってきている。最近はむしろ、ミレニアルの次の世代である「ジェネレーションZ」への注目が高まっている。

     ジェネレーションZの明確な定義はないが、おおむね1990年代後半以降に生まれた世代を指すとされる。ブルームバーグによると、01年以降に生まれた層は19年には世界人口の32%を占める。米国の人種構成では白人が全体の半分近くにまで下がり、人種の多様化が進展する。大半は01年の同時多発テロの記憶がなく、08年の金融危機の経済・社会的な混乱を目の当たりにして育った世代だ。だからこそ、身の丈にあった生活を…

    残り1048文字(全文1453文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事