国際・政治ワシントンDC

米国の途上国向け開発金融機関新設は中国の対抗策か=川上直 WASHINGTON D.C.

    インフラ開発の勢力地図は変わるのか(中国が整備にかかわるスリランカの港湾開発)
    インフラ開発の勢力地図は変わるのか(中国が整備にかかわるスリランカの港湾開発)

    発展途上国の開発支援 金融機関改革法案が成立=川上直 WASHINGTON D.C.

    インフラ 中間選挙が目前に迫り、当地の人々の関心も結果がどうなるのかに集中している。そんな中、米国議会において重要な法案が成立した。新しい開発金融機関を設立するための法案だ。正式には「開発に向けた投資のより良い活用のための法案」(通称ビルド・アクト)という。

     2017年11月、トランプ大統領はベトナムのダナンで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)での演説で、「米国は、開発金融機関を改革することで民間投資にインセンティブを与え、多くの付帯条件が課されるような国家主導のイニシアチブに代わる強力な選択肢を提供する」と述べ、開発金融機関改革の意思を表明した。その後、この法案が18年2月に議会に提出され、超党派の幅広い支持を受けて上下両院で可決、10…

    残り1193文字(全文1564文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事