国際・政治ワシントンDC

米国の途上国向け開発金融機関新設は中国の対抗策か=川上直 WASHINGTON D.C.

    インフラ開発の勢力地図は変わるのか(中国が整備にかかわるスリランカの港湾開発)
    インフラ開発の勢力地図は変わるのか(中国が整備にかかわるスリランカの港湾開発)

    発展途上国の開発支援 金融機関改革法案が成立=川上直 WASHINGTON D.C.

    インフラ 中間選挙が目前に迫り、当地の人々の関心も結果がどうなるのかに集中している。そんな中、米国議会において重要な法案が成立した。新しい開発金融機関を設立するための法案だ。正式には「開発に向けた投資のより良い活用のための法案」(通称ビルド・アクト)という。

     2017年11月、トランプ大統領はベトナムのダナンで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)…

    残り1343文字(全文1564文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット