週刊エコノミスト Online特集

JDIの経営、アップル後継モデルへの採用が焦点=早瀬宏・IHSマークイット上席アナリスト 

     スマートフォン用など中小型液晶ディスプレーはジャパンディスプレイ(JDI)が世界首位に立つが、同社は業績悪化に苦しんだ。2017年度に2472億円の最終赤字を計上、経営再建の途上にある。17年度に1400億円の特損計上など構造改革を行い、最悪期は脱したものの成長戦略を実現できるかどうかは不透明だ。

     JDIの最大顧客のアップルが近い将来、iPhoneに搭載するディスプレーについて、液晶から有機ELにどの程度シフトするかが焦点だ。

     アップルは昨年秋に発売した「iPhoneX(テン)」で初めて有機ELを採用したが、端末価格は日本だと11万2800円(税別)からと高価で、ユーザーの多くは液晶を搭載した低価格のiPhone8などに流れた。今年9月発売の最新機種「iPhoneXS」はXと同価格からの設定で高価格路線を変えていない。いまでも「8」がよく売れており、10月下旬発売の液晶搭載モデル「iPhoneXR」向けも含め、JDIの…

    残り486文字(全文902文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事