投資・運用海外企業を買う

米国の個性的なフットウエアブランド デッカーズ・アウトドア=清水憲人 海外企業を買う/212

    取り扱いブランドのコンセプトなどを紹介するデッカーズ・アウトドアのホームページ
    取り扱いブランドのコンセプトなどを紹介するデッカーズ・アウトドアのホームページ

     ◆Deckers Outdoor

     米デッカーズ・アウトドアは、カリフォルニア大学サンタバーバラ校出身のダグラス・オットー氏とカール・ロプカー氏が1973年に創業したフットウエアメーカーだ。当初の製品は、ビーチサンダルだけだったが、企業買収により取り扱い商品を拡充してきた。

     95年に買収したのが、オーストラリア人サーファー、ブライアン・スミス氏が米国で立ち上げたシューズメーカー「UGG(アグ)」だ。シープスキン(羊革)を用いたアグ・ブーツは、保温性と通気性に優れており、冬場のサーフィン用として米国西海岸のサーファーの間で人気を博した。2000年代に入ると、パステルカラーのブーツも発売し、主に女性向けのファッションアイテムとして存在感を高めていった。

     人気を決定付けたと言われているのが、米国の長寿トーク番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」だ。司会者のオプラ・ウィンフリー氏がコーナーの一つで、アグ・ブーツを何度か取り上げたことで、人気が全米に広がった。アグは、06年に東京の表参道ヒルズ、08年には中国・北京の藍色港湾にも出店。直営店の海外展開も進めていった。

    残り2801文字(全文3285文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事