国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

チャイナウオッチ 「一帯一路」提起5年 国内外の批判で見直しも=真家陽一

    パキスタンの道路に立つ中国語の道路標識
    パキスタンの道路に立つ中国語の道路標識

    2013年3月に国家主席に就任した習近平氏は「中国の夢」、すなわち「中華民族の偉大な復興」という民族主義的スローガンを掲げた。その対外政策の一環として同年9~10月に打ち出したのが、広域経済圏構想「一帯一路」である。構想提起から約5年が経過し、さまざまな問題が顕在化し、見直しの機運も出ている。

     17年5月、北京で開催された「『一帯一路』国際協力サミットフォーラム」には130カ国以上が参加。中国国内の報道や論説では「構想は実施段階に入った」と指摘されるようになった。

     他方、関係者に聞いたところ、何でも「行け行けドンドン」だった時代は昨年で完全に終わり、今年に入って…

    残り1111文字(全文1395文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月1日号

    キャッシュレス大混乱16 「QRコード詐欺」にご用心 簡単な手口で多発する被害 ■村田 晋一郎/加藤 結花19 増税に間に合わない! ポイント還元店舗は全体の3割 ■村田 晋一郎20 賢く選ぶポイント還元 中小は5%、コンビニ大手が独自還元も ■風呂内 亜矢22 キャッシュレスの勝者 スマホ決済は「 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット