マーケット・金融エコノミストオンライン

リーマン破綻を教訓に実現 日本国債の決済が1営業日後へ短縮=山本謙三

    リーマン日本法人は日本国債の五指に入るビッグプレイヤーだった・・・・・(Bloomberg)
    リーマン日本法人は日本国債の五指に入るビッグプレイヤーだった・・・・・(Bloomberg)

     今年5月から市場関係者による国債の決済が、それまでの約定の2営業日後(T+2)から1営業日後(T+1)へと短縮された。思い起こせば、短縮のきっかけとなったのが、今から10年前の2008年9月15日、米投資銀行リーマン・ブラザーズの破綻である。当時の国債決済は約定の3営業日後(T+3)で、巨額の「決済待ち」を抱えた状態であった。それでも、国債と資金の決済を守り、日本の市場の信認を維持するため、関係者は強い緊張感をもって処理に臨んだ。当時日本銀行で金融システムの担当をしていた筆者も、薄氷を踏む思いで事態を注視していた。

     リーマン破綻直前の週末、米国では、ニューヨーク連邦準備銀行に主要民間金融機関が集められ、リーマンの救済策が協議された。話し合いが不調に終われば、週明けの破綻は免れない。日本でも、日銀、金融庁、金融関係者がそれぞれ情報の収集と対応策の協議にあたった。日本にもリーマンの現地法人があり、取扱高は上位五指に入るとみられる日本国債のビッグプレーヤーだったからである。この日本法人も、休日明けの火曜日の16日…

    残り2553文字(全文3014文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事