週刊エコノミスト Online東奔政走

安保は棚上げ、経済協力で接近 日中の危うい「協調」路線=及川正也

     7年ぶりとなった日本の首相の中国公式訪問を印象付けたのは、人民大会堂(国会)で1000人を超える日中財界人が参加した「日中第三国市場協力フォーラム」だった。民間企業などによる52件の第三国経済協力に合意し、プロジェクトの署名式には安倍晋三首相、中国の李克強首相が立ち会った。経済協力をテコに、日中関係を前進させる──。日中友好平和条約締結から、40年。10月25日から3日間にわたった安倍首相の訪中から伝わるメッセージである。連載一覧

    「『禍福は糾(あざな)える縄のごとし』。危機の中にチャンスもある。時勢をわきまえて潮流に従う人こそ、害を避けて利に走ることができる」。中国の習近平国家主席は10月26日の首脳会談の冒頭で、「史記」の南越伝にある故事を引き合いに安倍首相に語り掛けた。「幸福と不幸は、より合わせた縄のように交互にやってくる」という意味だ。悲惨な歴史を踏まえつつ、安定した日中関係を構築したいと訴えたかったのだろう。

    残り2207文字(全文2622文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット