週刊エコノミスト Onlineグローバルマネー

伊ベーシックインカムが投じる一石

    ベーシックインカムの導入は是か非か。イタリア経済が試金石になる。(Bloomberg)
    ベーシックインカムの導入は是か非か。イタリア経済が試金石になる。(Bloomberg)

     イタリアの予算案は、前政権の欧州連合(EU)との合意に反して財政赤字を拡大させており、EU委員会から再考を求められるなど混乱を招いている。ポピュリスト政党「五つ星運動」の選挙公約で、毎月約780ユーロ(約10万円)を低所得者に等しく支給するベーシックインカム(BI)の導入が赤字の拡大をもたらす要因のひとつだ。連載一覧

     もともとBIは、所得や就業を条件とせず国民に一定額の給付を行う制度で、18世紀から試行されている。国民全体が対象となるとユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)と呼ばれ、格差是正を訴える革新派から、社会保障制度の簡素化を主張する保守派、人工知能(AI)などにより職を奪われる大衆の不満を防止しようとするIT企業家、良心の呵責(かしゃく)を和らげようとする大富豪など、さまざまな層に支持が広がってい…

    残り850文字(全文1210文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事