【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

経済・企業特集

提言 就活は4年生の1~3月に限定すべき=安田賢治 新・就活を生き抜け

今の学生はまじめ(毎日)
今の学生はまじめ(毎日)

 いつまで同じことを繰り返すのか。今回の「採用選考に関する指針(就活ルール)」の廃止についてだ。

 現状の就活ルールは3年生の3月1日に会社説明会など企業の広報の開始、4年生の6月1日から面接などの選考開始になっている。これが廃止になる。理由として、就活ルールの形骸化、通年採用などが上がっている。

本分は学問

 しかし、過去にも同じことが起きている。1954年から紳士協定として大学と企業とで就職協定が結ばれていた。選考開始8月1日、内定日10月1日だった。97年卒業生まで続いたが、この時も同じ理由で廃止されている。開始以前から選考活動が行われ、就職協定が形骸化した。その他にも通年採用やインターネット利用などの新たな採用動向の拡大、規制緩和などが理由だった。

 それから20年以上たった。だが、今回の就活ルール廃止も同じ理由だ。この20年で何も変わっていなし、何の努力もしてこなかったことに他ならない。

残り964文字(全文1364文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月18日号

EV&電池世界戦16 米中欧のEV覇権争いと戦略なき日本の危機 ■野辺 継男18 蓄電池は21世紀の石油 ニーズこそ進化を促す20 インタビュー 只信一生 電池サプライチェーン協議会会長、パナソニックエナジー社長 「蓄電インフラ整備こそ日本の課題」21 米国先制 17州が35年に「脱ガソリン車」 ■ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事