経済・企業エコノミストリポート

2018ノーベル経済学賞/上 P・ローマー「内生的経済成長論」…=堀井亮

    図1 経済成長の違いで各国の所得に大きな差が生まれた
    図1 経済成長の違いで各国の所得に大きな差が生まれた

    P・ローマー「内生的経済成長論」 研究開発重視の政策に多大な影響

     ローマー氏は現代の経済成長理論の創始者で、経済成長を専門とする研究者やエコノミストは、彼の研究のおかげで今の仕事ができているといっても過言ではない。筆者が経済学を志して大学院に入学し、経済成長理論を専門分野に選んだのも、今回の受賞につながった「内生的経済成長理論」という彼の1990年の論文を読んだことがきっかけだ。

     ローマー、ノードハウス両氏はともに経済成長関連分野の研究者だ。ノーベル賞創設以来、この分野で何人も…

    残り3969文字(全文4210文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月22日号

    騒乱相場18 荒れる株式市場 揺らぐFRBの信認 ■浜田 健太郎20 バブルでしか成長できない世界経済 ■水野 和夫21 危機の核心 トランプ・バブル終わりの始まり 世界経済後退への耐性なき日本 ■寺島 実郎2019投資戦略 ストラテジストの目23 介護・中小型自社株買いに勝機 ■大川 智宏26 配 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット