経済・企業エコノミストリポート

2018ノーベル経済学賞/上 P・ローマー「内生的経済成長論」…=堀井亮

    図1 経済成長の違いで各国の所得に大きな差が生まれた
    図1 経済成長の違いで各国の所得に大きな差が生まれた

    P・ローマー「内生的経済成長論」 研究開発重視の政策に多大な影響

     ローマー氏は現代の経済成長理論の創始者で、経済成長を専門とする研究者やエコノミストは、彼の研究のおかげで今の仕事ができているといっても過言ではない。筆者が経済学を志して大学院に入学し、経済成長理論を専門分野に選んだのも、今回の受賞につながった「内生的経済成長理論」という彼の1990年の論文を読んだことがきっかけだ。

     ローマー、ノードハウス両氏はともに経済成長関連分野の研究者だ。ノーベル賞創設以来、この分野で何人もの研究者が受賞している。なぜ、この分野が重視されているのか。

    残り3939文字(全文4210文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事