週刊エコノミスト OnlineワシントンDC

WASHINGTON D.C.=米のINF条約離脱意向 日本へミサイル配備も=会川晴之

トマホークは海上艦には配備 米国防総省提供
トマホークは海上艦には配備 米国防総省提供

 トランプ米大統領は10月20日、東西冷戦時代に旧ソ連と結んだ中距離核戦力(INF)全廃条約から一方的に離脱すると表明した。米露両国は今後、首脳会談でこの問題を協議する予定だが、折り合えるかどうかは見通せない状況にある。

ワールドウォッチ

 トランプ氏は、理由として、ロシアが条約に違反するミサイルの配備を進め、米国の再三にわたる抗議にもかかわらず改める行動を取らないこと。さらに、戦略上の競合国と位置づける中国が中距離ミサイルの整備・拡充を続ける中、INF条約から抜けて同様のミサイルを整備する必要があると説いた。

 INF条約は、レーガン米大統領とソ連のゴルバチョフ共産党書記長が1987年12月に署名し、翌年発効した。双方に射程500~5500キロの地上発射型弾道・巡航ミサイルの配備、実験を禁止した。

残り1358文字(全文1709文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事