週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

インド ディワリ祭の花火規制 最高裁命令も効果なし=成田範道

    深刻化するインドの大気汚染(Bloomberg)
    深刻化するインドの大気汚染(Bloomberg)

    インドの新年祭である「ディワリ祭」は、もともとロウソクなどを使って祝う光の祭だった。だが、いつしか爆竹や花火を楽しむ人が増加し、近年は騒音や大気汚染が社会問題になっている。今年は旧暦に従って11月7日になったディワリ祭を前に、インド最高裁は花火の規制を命令した。

    ワールドウォッチ

     最高裁は、花火の全面禁止はできないと前置きしたうえで、花火の時間制限(午後8時から10時まで)、販売制限(免許を持つ業者に限定)、品質制限(環境に優しい花火のみ使用可)を含む厳しい規制を命令した。

     ところが実際にディワリ祭の夜になってみると、これらの規制はほとんど役に立たないことがわかった。デリーの大気汚染が急激に悪化し、市内の一部では大気汚染が測定可能値を超えた。時間制限もほとんど守られた様子はなく、深夜まで爆音が鳴り響いた。

    残り335文字(全文691文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット