週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

台湾 高雄市が市政回顧 与党の実績を強調=井上雄介

     台湾第二の都市、高雄市がフェイスブックの公式ページ「高雄スタイル」で、過去20年の市政を回顧するコンテンツを掲載した。11月24日投票の台湾統一地方選挙での市長選を前に、与党・民進党の成果を強調し、野党・国民党候補をけん制する狙いが見え見えだ。

    ワールドウォッチ

     統一地方選挙は、2020年の総統選挙の前哨戦。高雄市は民進党の金城湯池だ。与党の陳其邁候補(53)の楽勝が予想されていたが、国民党の韓国瑜候補(61)がネット重視の選挙戦で旋風を巻き起こし、世論調査の支持率で10ポイント近くリードした。

     焦点は、台北など北部に比べ地盤沈下する地元経済だ。韓候補は、就職先や高賃金を求めて北部に向かう若者を「北漂族」と呼んで同情。「ますます老い、貧しくなる高雄」と無策を批判した。

    残り398文字(全文736文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット