週刊エコノミスト Online商社の深層

通期予想を3社が上方修正 5大商社が過去最高益更新へ=種市房子 商社の深層/126

    大手商社5社の2018年4月~9月期決算の概要
    大手商社5社の2018年4月~9月期決算の概要

     大手商社5社の中間決算(2018年4~9月期)が出そろった。資源価格の高騰などを背景に、三菱商事、伊藤忠商事、三井物産は通期決算である19年3月期連結の純利益、配当額の予想をともに上方修正した。これまで、住友商事、丸紅を合わせた大手5社の19年3月期純利益予想では、三井物産のみが過去最高に届かなかったが、同社の上方修正によって、5社がそろって過去最高益予想を掲げることになった。

     強さが際立ったのが三菱商事だった。石炭が依然高水準で取引されており、金属事業の純利益は半期だけで1365億円(前年同期比298億円増)に達した。三菱自動車への追加出資による取り込み利益増などが貢献した機械事業と、石油化学事業が好調だった化学品事業が半期としては過去最高だった。

    残り1035文字(全文1365文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット