週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

アジアで高まる景気の地域連動性=平田英明 学者が斬る

    景気変動の4分の1は海外要因

     1990年代前半、筆者は慶応義塾大学経済学部の「日本の経済」という初めての専門科目の授業で「米経済がせきをすれば、日本経済は風邪を引く」という比喩を学んだ。景気は国際的に波及し、特に経済的関係が深い米国から影響を受けやすいので、両国の景気は同じ方向に動く、つまり連動性が高いことの例えである。以来、一貫して経済変数の国際連動性を専門の研究テーマとしてきた。

     連動性が何によってもたらされているのかを理解することは、研究者だけでなく、マクロ経済政策当局にとっ…

    残り2780文字(全文3023文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月24日号

    勃発!通貨戦争18 消去法の“ドル・円2強” 米利下げでも高止まり ■岡田 英/吉脇 丈志21 インタビュー 篠原尚之 元財務官 「世界緩和競争の円高圧力 1ドル=90円も視界に」22 ドル売り・人民元買い 禁断の“為替介入”シナリオ ■武田 紀久子23 「為替操作国」認定の真意 新“関税カード”の [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット