経済・企業学者が斬る・視点争点

春闘の賃上げ率は「二極化」傾向=河越正明 学者が斬る

    図1 2018春闘調査結果の賃上げ率の分布
    図1 2018春闘調査結果の賃上げ率の分布

    大企業依存脱却が好循環の鍵

     10月18日に連合が2019春闘の基本構想を公表した。春闘に向けた賃上げの議論のスタートに当たり、前回の2018春闘の結果の精査がまず必要だろう。

     連合のシンクタンクである連合総研では、春闘の結果の原データを精査して詳細な報告(「連合の春闘結果集計データにみる賃上げの実態」)を毎年まとめている。筆者はこのプロジェクトに参加して2018春闘まで4年分のデータを分析した。そこから見えてきたのは、大企業において賃上げ率の高い企業と低い企業の二極化が進みつつある実態である。

    残り2176文字(全文2425文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット