経済・企業学者が斬る・視点争点

AI貸出でも必要な人的チェック=平田英明 学者が斬る

    2005年に開業した新銀行東京は散々な結果に
    2005年に開業した新銀行東京は散々な結果に

    新銀行東京の失敗に学べ

     いわゆるビッグデータを活用した人工知能(AI)による中小企業向け貸出が急拡大している。AIと聞くと無敵と思われがちだが、その精度は現時点では未知数だ。

     実は2000年代の前半から中ごろにかけて統計モデルを用いたスコアリング貸出(SC貸出)と呼ばれる、AI貸出と似て非なる貸出手法があった。審査モデル開発の初期コストはかかるが、審査1件ごとの費用削減と与信審査時間を短縮化できることがメリットとなった。審査の客観性が確保できること、スコアで判断できる手軽さがあること、政策的な後押しもあったことから、特に新規貸出先の審査に効果を発揮することが期待された。

     しかし、多くの銀行で、SC貸出は多額の不良債権を生み出した。特に、東京都が出資し、当時の石原慎太郎…

    残り2663文字(全文3001文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット