資源・エネルギー学者が斬る・視点争点

温暖化対策に有効な炭素税=佐藤一光 学者が斬る

    国内の部門別の二酸化炭素排出量
    国内の部門別の二酸化炭素排出量

    一般財源化で成長促進を

     2018年4月17日に閣議決定された第5次環境基本計画では、国際的な気候変動抑制に関する国際的な枠組みである「パリ協定」を背景として、温室効果ガスを13年度比で30年度に26%、50年度には80%削減するという目標を立てている。日本の二酸化炭素排出量は近年減少傾向にあるものの、非常に緩やかなものである(図)。そこで同計画は「このような大幅な排出削減は、従来の取組の延長では実現が困難である」との認識を示し、「我が国及び諸外国においてカーボンプライシングの導入をはじめとした各種施策の実践の蓄積や教訓があることを踏まえ」て施策を推進するとしている。

     カーボンプライシングとは、二酸化炭素排出に対する課税ないし排出量取引によって経済効率的な排出削減を…

    残り2733文字(全文3069文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット