週刊エコノミスト Online編集後記

浜田健太郎/藤枝克治 編集部から

    編集部から

     11月、北京を訪れた。中国の電子商取引(EC)大手、京東集団を取材するためだ。IT技術をふんだんに駆使した無人のコンビニを展開し、ECと実店舗を組み合わせ、効果を上げる実態を見てきた。

     その状況の一端は12月11日号でリポートするが、同社の熱気溢(あふ)れる様子に圧倒された。

     設立から20年の同社は、売上高でセブン&アイ・ホールディングスを凌駕(りょうが)している。北京南部に位置する本社には平均年齢27歳の約2万人が働く。社員のほとんどはカジュアルな服装で、大学キャンパスにいるようだ。

     無人配送車やドローンを使った宅配などの先進的な取り組みがどの程度、普及するのかは未知数だ。とはいえ、「まずはやってみよう」という意志の強さが、困難なプロジェクトを実現する原動力になるのだろう。かつてのソニーやホンダには同様のエネルギーが満ちていたのかもしれない。

    (浜田健太郎)

     50歳をとっくに過ぎているのに、今まで一度も胃カメラを飲んだことがない、と知人に言ったら驚かれたというよりあきれられた。

     健康に無頓着というわけではないが、会社や自治体の健康診断はバリウム検査なので、「まあそれでもいいか」とあまり深く考えてこなかった。

     だが、医療に詳しい同期入社の同僚は、毎年、胃カメラで検査しているのはもちろんのこと、最近、大腸の内視鏡検査を受けて、がんが見つかり、手術した。早期発見だったので事なきを得て、いまでは好きな物を食べ、お酒もがぶがぶ飲んでいる。歳は私より若いが、「あなたも気をつけなさい」と諭すように体験談を話してくれた。

     11月13日号で「がんに勝つ薬」を特集した。分かったのは、治療や薬の進化は著しいが、まだ、早期発見→手術に勝る治療法はないということだ。心を入れ替えよう。

    (藤枝克治)

    ■来週のエコノミスト

    次号12月11日号 12月3日(月)発売

    コンビニウォーズ

    次世代インフラ産業の野望 セブン、ファミマ、ローソン3社トップインタビュー

    都合により変更する場合があります。

    電子書籍「週刊エコノミスト ebooks」をアマゾン、楽天koboなど電子書店で販売中。

    週刊エコノミストのご購読は、定期購読がお得です。

    編集部からのご案内

    1年(49冊) 27,300円 17%OFF

    2年(98冊) 51,500円 22%OFF

    3年(147冊) 65,000円 34%OFF

    ★料金には、送料、消費税が含まれています。

    ★定期購読およびバックナンバーのお問い合わせは営業部TEL03-6265-6941へ

    フェイスブック、ツイッターは随時更新

    https://www.facebook.com/economistweekly

    https://twitter.com/EconomistWeekly

    ◎記事内容のお問い合わせ

    編集部 TEL03-6265-6743

    ◎広告掲載

    毎日新聞出版 広告部 TEL03-6265-6942

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月24日号

    勃発!通貨戦争18 消去法の“ドル・円2強” 米利下げでも高止まり ■岡田 英/吉脇 丈志21 インタビュー 篠原尚之 元財務官 「世界緩和競争の円高圧力 1ドル=90円も視界に」22 ドル売り・人民元買い 禁断の“為替介入”シナリオ ■武田 紀久子23 「為替操作国」認定の真意 新“関税カード”の [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット