教養・歴史書評 読書日記

荻上チキの読書日記 性差別をなくしたい 注目の心理実験と行動設計

    『WORK DESIGN 行動経済学でジェンダー格差を克服する』
    『WORK DESIGN 行動経済学でジェンダー格差を克服する』

    ×月×日

     もう今年も終わりが近づいている。「性差別・オブ・ザ・イヤー2018」というものを決める風習が社会にあれば、「今年は大豊作」と言えるだろう。これはもちろん、踏まれた側からしたら、とても許せるようなことではない。

     財務官僚によるセクハラ事件から省庁としての対応のまずさ。東京医科大および他大にまで広がっていた性差別入試。二階俊博議員の「『産まない幸せ』は勝手」、杉田水脈議員の「LGBTは子どもを作らない、つまり『生産性がない』」、加藤寛治議員の「私は結婚式(のあいさつ)では『ぜひとも3人以上、子どもを産み育ててほしい』という話をする」など、議員の問題発言のオンパレード。各企業や技能実習制度まで、あちこちで告発されるセクハラ。ようやく問題視されるようになってきたのだといえば前向きかもしれないが、「まだこのレベルか」という疲弊感も大きい。

     こうした性差別の現状を変えるためにどうするか。伝統的なアプローチとしては、社会運動による問題提起と意識啓発、そして制度改革という流れになるだろう。このような手段は、根強く継続していかなくてはならない。他方で、ちょっとした「仕組み」を変えることで、身近な性差別を改善しようというアイデアもある。それらは、科学的な知見に基づき、さまざまな効果の立証されているものだ。

    残り780文字(全文1336文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事