週刊エコノミスト Online商社の深層

住商の北米鋼管事業 流通網改革で収益改善=種市房子 商社の深層/128 

     最近3年ほど、住友商事の懸案だった鋼管事業の業績が回復している。売り上げや取り込み損益、配当収入などを合計した「基礎収益」は、2018年度中間期(4~9月期)決算で98億円。期初の通期予想(100億円)を上回るペースで推移している。

     住商の中でも鋼管事業は名門だ。旧住友金属工業(現新日鉄住金)が得意とする鋼管を、世界の大手石油会社を顧客として納入しているからだ。最大の市場は北米だ。北米では、陸上・海底共に大型の石油・ガス掘削が行われてきた。浅い地点からも石油がわき出る中東などに比べて、北米は地中深くまでの掘削が必要とされ、シームレス(継ぎ目無し)の高付加価値の油井管が必要とされる。その北米流通市場では住商が長年取扱数量でトップだ。

     住商は13年、シェール革命による石油・ガス開発加速を見込んで鋼材・鋼管問屋「エジェン」を約5億2000万ドル(当時のレートで約520億円)で買収した。しかし、15年に入ると原油価格が急落→資源開発がストップ→鋼管需要減という悪循環に見舞われた。エジェンから住商に入る15年度取り込み損益は、262億円の赤字(前年度は3億円の黒字)に転落した。

    残り937文字(全文1429文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット