週刊エコノミスト Online編集後記

編集部から 花谷美枝/浜條元保 次号のエコノミスト

    編集部から

     リチャード・ブランソンさん(68)がやってくれた。同氏率いる英バージン・グループ傘下のバージン・ギャラクティックが12月13日、有人宇宙船の試験飛行に成功したのだ。

     試験飛行で達したのは高度約83キロで、国際航空連盟が定義する宇宙空間(高度100キロ以上)にはちょっと足りない。数カ月以内に次の飛行試験を行い、さらに高い高度を目指すという。

     2014年に操縦士が死亡する事故を起こして以来、同社は目立つ動きがなかっただけに驚いた。宇宙旅行の商業化で競う米アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏も試験飛行の成功に刺激を受けたはずで、宇宙産業に詳しい野村総合研究所の佐藤将史氏は「リアルな飛行競争の時代に移っていく」と予想する。

     早ければ19年中に、宇宙旅行の商業化が実現する可能性も出てきた。19年は宇宙関連の話題が増えそうで楽しみだ。

    (花谷美枝)

     祭壇に飾られたのは、英ロンドン駐在時代の写真──。元野村証券副社長の外村仁さんが亡くなった。

     バブル崩壊後、日本の金融機関が海外ビジネスを縮小する中、ロンドン拠点の立て直し役に抜擢(ばってき)された。米ゴールドマン・サックスからガイ・ハンズさんら辣腕(らつわん)投資銀行マンを引き抜いて始めたのが証券化ビジネスだった。第1号案件はパブの証券化。

     500億円の買収提案に、外村さんは「これを見送れば、ガイはじめスカウトした人間は辞めてしまう」と、東京本社の了解が取れないまま強行。見事に成功し証券化ビジネスで、欧米外資に一泡吹かせた。「外資に負けてたまるか」の実践だ。「ロンドンやニューヨークで認められないとダメ」が口癖。

     役員9人が一斉に退任し、空中分解の様相を呈する官民ファンドを外村さんは、どんな思いでみているだろうか。合掌。

    (浜條元保)

    ■来週のエコノミスト

    次号1月15日号 1月7日(月)発売

    平成経済30年史

    バブルとは何だったのか、次代への光は──

    都合により変更する場合があります。

    電子書籍「週刊エコノミスト ebooks」をアマゾン、楽天koboなど電子書店で販売中。

    週刊エコノミストのご購読は、定期購読がお得です。

    1年(49冊) 27,300円 17%OFF

    2年(98冊) 51,500円 22%OFF

    3年(147冊) 65,000円 34%OFF

    ★料金には、送料、消費税が含まれています。

    ★定期購読およびバックナンバーのお問い合わせは営業部TEL03-6265-6941へ

    フェイスブック、ツイッターは随時更新

    https://www.facebook.com/economistweekly

    https://twitter.com/EconomistWeekly

    ◎記事内容のお問い合わせ

    編集部 TEL03-6265-6743

    ◎広告掲載

    毎日新聞出版 広告部 TEL03-6265-6942

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事