テクノロジーFLASH!

CES2019 自動運転、中国・百度が先行 プライバシー重視の流れも=田中道昭

    中国・百度(バイドゥ)のプレゼン。昨年7月から「レベル4」の自動運転バスが量産化に入ったという=米ラスベガス (筆者撮影)
    中国・百度(バイドゥ)のプレゼン。昨年7月から「レベル4」の自動運転バスが量産化に入ったという=米ラスベガス (筆者撮影)

     世界最大級の家電・情報通信技術の見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」が1月8~11日、米ラスベガスで開催された。今年は中国からの参加企業が減少したことが話題になり、昨年春から本格化したハイテク分野における米中の覇権争い余波が垣間見られた。

     米国の要請で幹部がカナダで拘束された中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)は次世代無線通信「5G(第5世代)」関連の展示を封印。電子商取引中国最大手アリババ集団も控えめな展示にとどめた。

     その一方で、大きな注目を集めていた中国企業も少なくない。日本企業にとって脅威だと感じたのは、中国ネ…

    残り1238文字(全文1517文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月5日号

    大変調 企業決算22 牙むく「トランプ砲」 標的は自動車と為替 ■浜田 健太郎24 注目セクター 1 自動車 米中2大市場の減速、固定費増、日米貿易摩擦の三重苦 ■遠藤 功治26        2 エレクトロニクス 半導体「超好況」終息、調整局面へ ■石野 雅彦28        3 機械 下方修正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット