【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

テクノロジー注目の特集

CES2019 自動運転、中国・百度が先行 プライバシー重視の流れも=田中道昭

中国・百度(バイドゥ)のプレゼン。昨年7月から「レベル4」の自動運転バスが量産化に入ったという=米ラスベガス (筆者撮影)
中国・百度(バイドゥ)のプレゼン。昨年7月から「レベル4」の自動運転バスが量産化に入ったという=米ラスベガス (筆者撮影)

 世界最大級の家電・情報通信技術の見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」が1月8~11日、米ラスベガスで開催された。今年は中国からの参加企業が減少したことが話題になり、昨年春から本格化したハイテク分野における米中の覇権争い余波が垣間見られた。

 米国の要請で幹部がカナダで拘束された中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)は次世代無線通信「5G(第5世代)」関連の展示を封印。電子商取引中国最大手アリババ集団も控えめな展示にとどめた。

 その一方で、大きな注目を集めていた中国企業も少なくない。日本企業にとって脅威だと感じたのは、中国ネット検索最大手、百度(バイドゥ)による自動運転の進展だ。同社は、CESブース内で「自動運転バスを中国21カ所において運行させている」「2018年7月4日より世界初のレベル4自動運転バスの量産化に入った」などと説明した。レベル4とは基本的にドライバーが全く運転操作をしない段階を指す。

残り1097文字(全文1517文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事