教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第30話=板谷敏彦

    挿絵・菊池倫之
    挿絵・菊池倫之

     これまでの放蕩・非行の生活を脱し官途の道を選んだ是清。文部省の判任御用掛に採用された後、元福井藩士の友人山岡次郎に誘われて、特許関係の仕事ができる農商務省に転職する。

     話は西南の役の翌年、明治11(1878)年2月までさかのぼる。当時大隈重信大蔵卿(きょう)(大臣)の下でナンバー2の地位にいた薩摩出身の松方正義は、パリ万国博覧会事務局副総裁として欧州出張に出かけた。

     当時の日本にまだ中央銀行はなく、政府が自ら紙幣を発行し、それに加えて米国の銀行制度をまねた国法の民間銀行である百数十行の国立銀行もまた紙幣を発行していた。

    残り2182文字(全文2445文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット