教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第30話=板谷敏彦

    挿絵・菊池倫之
    挿絵・菊池倫之

    (前号まで)

     これまでの放蕩・非行の生活を脱し官途の道を選んだ是清。文部省の判任御用掛に採用された後、元福井藩士の友人山岡次郎に誘われて、特許関係の仕事ができる農商務省に転職する。

    第30話 松方正義

     話は西南の役の翌年、明治11(1878)年2月までさかのぼる。当時大隈重信大蔵卿(きょう)(大臣)の下でナンバー2の地位にいた薩摩出身の松方正義は、パリ万国博覧会事務局副総裁として欧州出張に出かけた。

     当時の日本にまだ中央銀行はなく、政府が自ら紙幣を発行し、それに加えて米国の銀行制度をまねた国法の民…

    残り2195文字(全文2445文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット