教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第31話=板谷敏彦

    挿絵・菊池倫之
    挿絵・菊池倫之

     非行・放蕩生活を脱し、是清が農商務省で官途の道を歩み始めた頃、大蔵省の権力を掌握した松方正義は膨れあがる不換紙幣を整理するため、日本初の中央銀行設立の準備を進めていた。

    中央銀行設立会議のメンバーの一人、富田鉄之助は仙台藩出身。幕末に是清を従えてコロラド号で渡米した。その時の是清の立場は富田のお伴の足軽という名目だった。

     富田は戊辰戦争の時に故郷を思い一時は日本へと帰国したものの、師匠である勝海舟に諭されてすぐに米国に戻り勉学を続けた。明治5(1872)年、公使として米国に赴任していた森有礼(ありのり)の目に留まり、ニューヨーク在留領事心得として外務省へ入省。その後帰朝して明治10年に外務省少書記官に任官、軍隊で言えば佐官級の高級官僚である。

    残り2529文字(全文2854文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット