週刊エコノミスト Online編集後記

黒崎亜弓/種市房子 編集部から

    編集部から

     書いた記事で訴えられたことがある。通信社の駆け出し記者だったころだ。スクープではない。他紙の後追い記事で一緒に訴えられた。

     訴訟経験者(こちらはスクープで)の大先輩が電話してきてくれてこう言った。「ウソはつくな」。当たり前に聞こえるが、法廷で証言するために日常の仕事の一場面を事細かに振り返れば、なんらか不都合は見つかる。一度ごまかせば、ウソの上塗りを重ねざるを得なくなる。役所や企業の大がかりな不祥事でも、最初の一歩は小さいものだ。

     もう一つ忘れられない言葉がある。「万が一、過失が認められるのならば私の責任です」。担当デスクが報告書に書いていた。目にした時は「いや、書いた自分の責任だ」と反発した。

     その後、ある組織で事が起きた時に現場ですべてを負わされ、切り捨てられて傷ついた人に取材で接し、私は恵まれていたのだと分かった。

    (黒崎亜弓)

     電子マネーにはお世話になった苦い思い出がある。6年前、不注意から階段を転落し、左腕を骨折した。利き腕ではなかったとはいえ、1カ月半思うように動かせない。コンビニエンスストアでおにぎり一つ買うために、両手を使って財布のファスナーを開けて、小銭を取り出し、支払い後はその逆、という作業は困難を極めた。

     それが、ポケットに非接触ICカードを入れておいて、右手で取り出し、端末にかざせば決済は完了する。当時まだ現金派だった私は、この便利さにひかれて、複数の非接触ICカードを持つようになった。

     今号でキャッシュレス決済を特集した。今や、電子マネーは非接触ICカードのほか、スマートフォンのQRコード決済などさまざまな種類で支払い可能だ。利用者視線の注目点はポイントやキャッシュバックが中心だが、私には使いやすさが大きな要素だ。

    (種市房子)

    ■来週のエコノミスト

    次号3月5日号 2月25日(月)発売

    危急 企業業績

    リスク総点検:米中貿易戦争、中国減速、英EU離脱……

    統計が危ない 深刻な専門家不足

    都合により変更する場合があります。

    『週刊エコノミスト』の取材・編集を行う契約社員を募集します。

    ■応募資格 学歴不問。経済報道の最前線で働く意欲と情熱のある人材を募集します。

          取材・編集経験のある人を歓迎します。

    ■待  遇 月給20万円以上、契約期間1年(更新、正社員登用あり)

    ■応募方法 下記要項を明記して、メールでご応募ください。

          「氏名」「生年月日」「住所・電話番号」「職歴」「志望動機・アピールポイント」「条件面のご希望」

    応募の秘密は厳守します。私製及び市販の履歴書を添付いただいても結構です。

    ■問い合わせ連絡先・応募メールの送信先

    Tel:03-6265-6731(毎日新聞出版 採用担当) E-mail:mainichibookssaiyou@mainichi.co.jp

    週刊エコノミストのご購読は、定期購読がお得です。

    編集部からのご案内

    1年(49冊) 27,300円 17%OFF

    2年(98冊) 51,500円 22%OFF

    3年(147冊) 65,000円 34%OFF

    ★料金には、送料、消費税が含まれています。

    ★定期購読およびバックナンバーのお問い合わせは営業部TEL03-6265-6941へ

    フェイスブック、ツイッターは随時更新

    https://www.facebook.com/economistweekly

    https://twitter.com/EconomistWeekly

    ◎記事内容のお問い合わせ

    編集部 TEL03-6265-6743

    ◎広告掲載

    毎日新聞出版 広告部 TEL03-6265-6942

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット