週刊エコノミスト Online編集後記

編集部から 古沢佳三/浜條元保 

    編集部から

     今号が発売される2月25日(日本時間)に、第91回アカデミー賞が決定する。期待しているのは「ブラックパンサー」の作品賞受賞だ。ヒーローもので、出演者の多くがアフリカ系なのは画期的だった。

    「ブラック・レイン」の大阪、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のアラブ首長国連邦・ドバイという具合に、ハリウッド映画はその時々クールとされる国や都市をうまく取り上げる。「ブラックパンサー」の場合、アフリカの架空の国、ワカンダが舞台だが、モデルはナイジェリアだろう。

     ナイジェリアは今や、国内総生産(GDP)世界第31位(2017年)のアフリカの経済大国だ。最近、ナイジェリア人が絡んだIT犯罪をニュースで時おり目にすることもあるが、これも国などが進めたIT教育が生んだ皮肉な結果だと言えよう。今回の作品賞の行方に注目したい。

    (古沢佳三)

    「日銀によるマイナス金利の最大の問題は人々の経済倫理、道徳心を失わせること」。寺島実郎さんから、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長がこんな趣旨の発言をしたと聞いた。鋭いと思う。

     借入金利を上回る利益を出す製品やサービスを提供して初めて世の中に価値を認められている事業。利払いすらできない事業は淘汰(とうた)されるのが、市場原理であり、資本主義だ。

     ところが、マイナス金利は理論上、借金をするだけでもうかるという世界。これは職業倫理、道徳に反する。資本主義の否定だ。

    「通貨の番人」の異常な金融政策の本質を突く柳井さんの指摘は、国民の肌感覚に敏感な小売業の最前線に立っているからこそ、ではないだろうか。

     導入から丸3年となる異例の金融政策が、日本人の大切な心をむしばんでいるとしたなら、日銀の罪は重い。

    (浜條元保)

    ■来週のエコノミスト

    次号3月12日号 3月4日(月)発売

    バイオ・創薬最前線

    「サンバイオ・ショック」、遺伝子治療スタート、再生医療最新動向

    都合により変更する場合があります。

    『週刊エコノミスト』の取材・編集を行う契約社員を募集します。

    ■応募資格 学歴不問。経済報道の最前線で働く意欲と情熱のある人材を募集します。

          取材・編集経験のある人を歓迎します。

    ■待  遇 月給20万円以上、契約期間1年(更新、正社員登用あり)

    ■応募方法 下記要項を明記して、メールでご応募ください。

          「氏名」「生年月日」「住所・電話番号」「職歴」「志望動機・アピールポイント」「条件面のご希望」

    応募の秘密は厳守します。私製及び市販の履歴書を添付いただいても結構です。

    ■問い合わせ連絡先・応募メールの送信先

    Tel:03-6265-6731(毎日新聞出版 採用担当) E-mail:mainichibookssaiyou@mainichi.co.jp

    週刊エコノミストのご購読は、定期購読がお得です。

    編集部からのご案内

    1年(49冊) 27,300円 17%OFF

    2年(98冊) 51,500円 22%OFF

    3年(147冊) 65,000円 34%OFF

    ★料金には、送料、消費税が含まれています。

    ★定期購読およびバックナンバーのお問い合わせは営業部TEL03-6265-6941へ

    フェイスブック、ツイッターは随時更新

    https://www.facebook.com/economistweekly

    https://twitter.com/EconomistWeekly

    ◎記事内容のお問い合わせ

    編集部 TEL03-6265-6743

    ◎広告掲載

    毎日新聞出版 広告部 TEL03-6265-6942

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月1日号

    キャッシュレス大混乱16 「QRコード詐欺」にご用心 簡単な手口で多発する被害 ■村田 晋一郎/加藤 結花19 増税に間に合わない! ポイント還元店舗は全体の3割 ■村田 晋一郎20 賢く選ぶポイント還元 中小は5%、コンビニ大手が独自還元も ■風呂内 亜矢22 キャッシュレスの勝者 スマホ決済は「 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット