週刊エコノミスト Online挑戦者2019

米司隆明 運動会屋社長 運動会で会社を変えます 

     社会にあるコミュニケーション不足の問題を解決したい。その思いで始めた運動会は、企業の組織改革につなげる手段、世界に発信する日本文化として、新たな価値が生まれはじめている。

    (聞き手=藤枝克治・本誌編集長/構成=白鳥達哉・編集部)

     昨年は地域や企業向けに240件の運動会を企画し、延べ12万人に弊社の運動会を体験してもらいました。特に多いのは企業からの依頼で、昨年も約9割は企業の運動会です。参加規模としては100~200人くらいが一般的ですが、社内の会議室でもできる30人程度の小規模なものから、スタジアムを借りて2万人で行う大規模なものまであります。

     企業が運動会をする大きな理由は、コミュニケーション不足の解消です。従業員同士の交流を促して業務を円滑にするのが目的ですが、「会社を辞めようと思っていたが、運動会のおかげで会社と仲間が好きになり仕事を続けることにした」という感想をもらったときはうれしかったですね。

    残り1218文字(全文1626文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット