週刊エコノミスト Online挑戦者2019

米司隆明 運動会屋社長 運動会で会社を変えます 

     社会にあるコミュニケーション不足の問題を解決したい。その思いで始めた運動会は、企業の組織改革につなげる手段、世界に発信する日本文化として、新たな価値が生まれはじめている。

    (聞き手=藤枝克治・本誌編集長/構成=白鳥達哉・編集部)

     昨年は地域や企業向けに240件の運動会を企画し、延べ12万人に弊社の運動会を体験してもらいました。特に多いのは企業からの依頼で、昨年も約9割は企業の運動会です。参加規模としては100~200人くらいが一般的ですが、社内の会議室でもできる30人程度の小規模なものから、スタジアムを借りて2万人で行う大規模なものまであります。

     企業が運動会をする大きな理由は、コミュニケーション不足の解消です。従業員同士の交流を促して業務を円…

    残り1300文字(全文1626文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット