テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

急拡大する次世代パワー半導体市場 高電圧耐性とコストで強み=中村剛/27

     シリコン(Si)に代わる新材料を用いた「次世代パワー半導体」の市場が広がっている。パワー半導体は「インバーター、コンバーター」といった電力変換器に用いられる。電子機器における直流・交流の変換、周波数の変換、電圧の上下などを制御し、省エネ化のカギを握る重要な部品である。特に電力ロスを極限まで抑えたい自動車で重要性が高まっているが、一般的な半導体で用いられるシリコンでは材料の性質による性能の限界が指摘されている。そこで登場したのが、炭化ケイ素(SiC)や窒化ガリウム(GaN)を材料に用いた次世代パワー半導体だ。これらはすでに量産採用が始まっているが、さらに第3の材料として注目されているのが酸化ガリウム(Ga2O3)だ。

    残り2977文字(全文3289文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事