週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

インド 今度は香水の少量パック(サシェ)発売=成田範道

     南インドのチェンナイを拠点とする日用消費財企業キャヴィンケアがインドで普及している少量パック(サシェ)入りの香水を発売した。2ミリリットル入りの使い切りタイプで、価格は1袋3ルピー(約5円)と格安だ。

     国外での知名度は低いものの、同社は30年ほど前にサシェ入りのシャンプーを発売し、今日の日用消費財市場における少量パック文化の先駆けになった企業として知られている。その後外資系の大手企業も追随し、現在ではインドのシャンプー販売量の約9割はサシェ入りが占める。

     サシェ入りでの販売は他にも美容クリーム、ヘアオイル、液体洗剤、粉せっけん、接着剤、粉タバコなどの日用消費財から、インスタントコーヒー、香辛料、ケチャップ、ピクルスなどの食品にも広がっている。インドの巨大な農村市場への各製品の普及にはサシェ入りの販売が重要な役割を果たしており、同国の「ボトム・オブ・ザ・ピラミッド(ピラミッドの底辺)」と呼ばれる経済戦略の典型とされる。

    残り188文字(全文603文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事