週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

フランス 英EU離脱を見越しスト 鉄道網のダイヤ乱れ続く=酒井元実

パリ北駅に停車するユーロスター(筆者撮影)
パリ北駅に停車するユーロスター(筆者撮影)

 英国と欧州大陸を結ぶ高速列車「ユーロスター」の運行会社が3月初めから、フランスのパリ北駅の税関職員によるストライキ決行により定時運行ができない状態が続いている。同社は利用者に対し、不要不急の旅での同社の列車の利用を控えるよう呼びかける異常事態となっている。

 定時運行ができなくなった当初は、英国の欧州連合(EU)離脱に備え、税関職員が検査管理強化の訓練を実施している名目だと伝えられていた。しかし実態は、税関職員らが英国の離脱後に予想される…

残り333文字(全文554文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事