週刊エコノミスト Online編集後記

編集部から 北條一浩/黒崎亜弓

    編集部から

     著名人が違法薬物で逮捕された場合、出演番組から降ろされるのはもちろん、映画の公開は中止、旧作まで作品が回収されることも当然視されるようになってきた。

     法を犯した個人が裁きを受けるのは当然だ。しかし制作物には多くの共演者やスタッフが存在する。規制は他の人々の機会を奪うことにつながらないか。

     本誌で「読書日記」連載中の荻上チキさんは、個人の犯罪をスキャンダラスに報じるのではなく、薬物そのものの影響について報道するべし、という文脈で「薬物報道ガイドライン」を発表している(https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/110/)。私はこの姿勢に共感する。誰がどんな動機で薬物に手を染めたか、推測を「消費」するより、薬物の怖さと、依存に陥った人のケアを第一に伝える報道姿勢こそ、今強く求められているはずだ。

    (北條一浩)

     岩手県沿岸の三陸鉄道を取材したのは昨年2月のこと。3月、震災から復旧したJR線が三陸鉄道に移管され、運行再開するという報道を機に、1年前の道中が思い返された。

     すし詰めの代替運行バスで高校生に交じって身を縮め、乗り換え待合所の寒さに凍えた時間。更地にぽつんと建つ被災庁舎。かさ上げ工事の車両が巻き上げる、あたり一面の土ぼこり。巨大な堤防。穏やかに光る海。

     1泊2日の出張は駆け足で、ひたすら乗り物に揺られていた。取材というより、ただ眺めている時間ばかりだったが、断片的な光景が焼き付いている。

     それは、文章や写真のように整理され、何らかの意味づけがなされて届けられる情報とは異なる。自分の身を置いて感じたものは解釈し切れないからこそ、こうして残るのだろう。

     そういえば三陸鉄道以来、出張取材をしていない。どこか遠くに行きたい。

    (黒崎亜弓)

     ■来週のエコノミスト

    次号4月9日号 4月1日(月)発売

    あなたの会社は大丈夫?

    始動 働き方改革法

    残業時間の上限規制、有給休暇の取得義務化……

    都合により変更する場合があります。

    『週刊エコノミスト』の取材・編集を行う契約社員を募集します。

    ■応募資格 学歴不問。経済報道の最前線で働く意欲と情熱のある人材を募集します。

          取材・編集経験のある人を歓迎します。

    ■待遇   月給20万円以上、契約期間1年(更新、正社員登用あり)

    ■応募方法 下記要項を明記して、メールでご応募ください。

          「氏名」「生年月日」「住所・電話番号」「職歴」「志望動機・アピールポイント」「条件面のご希望」

    応募の秘密は厳守します。私製及び市販の履歴書を添付いただいても結構です。

    ■問い合わせ連絡先・応募メールの送信先

    Tel:03-6265-6731(毎日新聞出版 採用担当) E-mail:mainichibookssaiyou@mainichi.co.jp

    週刊エコノミストのご購読は、定期購読がお得です。

    1年(49冊) 27,300円 17%OFF

    2年(98冊) 51,500円 22%OFF

    3年(147冊) 65,000円 34%OFF

    ★料金には、送料、消費税が含まれています。

    ★定期購読およびバックナンバーのお問い合わせは営業部TEL03-6265-6941へ

    フェイスブック、ツイッターは随時更新

    https://www.facebook.com/economistweekly

    https://twitter.com/EconomistWeekly

    ◎記事内容のお問い合わせ

    編集部 TEL03-6265-6743

    ◎広告掲載

    毎日新聞出版 広告部 TEL03-6265-6942

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事