週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

新しいコスト・マネジメントとは=高橋賢

    (出所)筆者作成
    (出所)筆者作成

    万人受け狙わず価値生み出す

     日本の製造企業は、常にコスト・マネジメントの技法を追い続けてきた。一般に、コスト・マネジメントというと、コストを維持あるいは削減することを意味している。特に日本企業では、生産現場でのさまざまな工夫や、商品企画や製品設計の段階での原価削減手法である原価企画などの技法によって、高品質を保ちながら製造コストの削減に取り組んできた。

     生産現場での保全活動や品質管理活動は、全員参加での取り組みが主体であった。これらの取り組みは、TPM(全員参加の生産保全)やTQC(全社的品質管理)という名前で知られている。これらは、戦後の人員や資金が乏しい状況で、保守や点検の専門部署を設けることができなかったという「制約」がきっかけの一つとして生まれたものであるが、結果としてコストの削減に大きな効果をあげた。ちなみに、有名な「トヨタ生産方式」…

    残り2563文字(全文2940文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事