経済・企業注目の特集

日産・ルノー・三菱自 「歩み寄り」で新組織 業績悪化と技術遅れで=河村靖史

    会見後、記念撮影に応じる(左から)ルノーのティエリー・ボロレCEOとジャンドミニク・スナール会長、日産の西川広人社長、三菱自の益子修会長兼CEO
    会見後、記念撮影に応じる(左から)ルノーのティエリー・ボロレCEOとジャンドミニク・スナール会長、日産の西川広人社長、三菱自の益子修会長兼CEO

     カルロス・ゴーン前会長の逮捕をきっかけに、対立が先鋭化していた日産自動車と仏ルノーが歩み寄りの姿勢を見せ始めた。背景には、世界の自動車業界の中で、両社の出遅れが目立ってきたことがある。

     横浜市の日産のグローバル本社で3月12日、日産の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)、ルノーのジャンドミニク・スナール会長とティエリー・ボロレCEO、三菱自動車の益子修会長兼CEOの3社連合のトップが顔をそろえて、アライアンスの最高意思決定機関となる組織「アライアンス・オペレーティング・ボード」を新設すると発表した。西川社長は、「ルノー、日産、三菱自動車がウィンウィンベースで仕事をする。本当の意味のイコールパートナーシップだ」と関係改善に向けて動き出したことをアピールした。

     会社法違反(特別背任)と金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)でゴーン前会長が退場してから3社連合はギクシャクした関係が続いてきた。日産と三菱自はゴーン氏を会長から解任、代表権を外したのに対して、ルノーは会長兼CEOに留任させていた。同時に、ルノーはゴーン氏に代わる日産の会長をルノーが指名することと、臨時株主総会を開くことを要請。日産側は次期会長選びは、ゴーン氏逮捕を受けて日産のガバナン…

    残り972文字(全文1506文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事