経済・企業話題の記事

日産・ルノー・三菱自 「歩み寄り」で新組織 業績悪化と技術遅れで=河村靖史

    会見後、記念撮影に応じる(左から)ルノーのティエリー・ボロレCEOとジャンドミニク・スナール会長、日産の西川広人社長、三菱自の益子修会長兼CEO
    会見後、記念撮影に応じる(左から)ルノーのティエリー・ボロレCEOとジャンドミニク・スナール会長、日産の西川広人社長、三菱自の益子修会長兼CEO

     カルロス・ゴーン前会長の逮捕をきっかけに、対立が先鋭化していた日産自動車と仏ルノーが歩み寄りの姿勢を見せ始めた。背景には、世界の自動車業界の中で、両社の出遅れが目立ってきたことがある。

     横浜市の日産のグローバル本社で3月12日、日産の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)、ルノーのジャンドミニク・スナール会長とティエリー・ボロレCEO、三菱自動車の益子修会長兼CEOの3社連合のトップが顔をそろえて、アライアンスの最高意思決定機関となる組織「アライアンス・オペレーティング・ボード」を新設すると発表した。西川社長は、「ルノー、日産、三菱自動車がウィンウィンベースで仕事をする。本当の意味のイコールパートナーシップだ」と関係改善に向けて動き出したことをアピールした。

     会社法違反(特別背任)と金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)でゴーン前会長が退場してから…

    残り1122文字(全文1506文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット