週刊エコノミスト Online深層真相

呉CEOの人事に懸念 迷走を続けるルネサス

    呉文精 ルネサスエレクトロニクスCEO
    呉文精 ルネサスエレクトロニクスCEO

     ルネサスエレクトロニクスの呉文精CEO=写真=の行う人事を懸念する声が高まっている。呉氏は2月19日付人事で、弁護士と他社人事部長の2人を社外取締役に就任させた。取締役は7人となるが、半導体事業の経験者は会長の鶴丸哲哉氏だけだ。そもそも呉氏は1年前にも自動車事業のトップだった大村隆司氏を退任させ、後任に半導体事業未経験の山本信吾氏を据えている。山本氏は経歴が呉氏と一部重なる。呉氏の人事はかつての部下や関係者で固めているようだ。その結果、呉氏を誰も止められず、経営は迷走している。

     迷走はM&A(合併・買収)にも及ぶ。ルネサスは昨年9月、米IDTを買収したが、「相乗効果が出ないのになぜ買収するのか」と疑問視する半導体業界関係者は多い。その分、研究開発費が減らされ、エンジニアのモチベーションは下がっている。

     社員のモチベーションが奪われると、ルネサスが弱体化するのは目に見えている。2018年は世界の半導体市場が13%も成長した中で、ルネサスは18年第3四半期、第4四半期と減収減益が続いた。19年第1四半期は市場が世界的に落ち込むと予想されており、ルネサスの3期連続の減収減益は避けられそうもない。業績悪化が続くと、経営責任を問う声も出そうだ。

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事