投資・運用独眼経眼

日銀REIT買い急減はETFへの布石=藤代宏一

    日銀のREIT買い入れ実績は急減している
    日銀のREIT買い入れ実績は急減している

     日銀のREIT(不動産投資信託)買い入れが急激に減少している(図)。2014月10月に買い入れ目標が年間900億円に設定されて以降、おおむねそれに沿った買い入れが実施されてきたが、18年7月31日の金融政策決定会合で、ETF(上場投資信託)・REITの買い入れについて「資産価格のプレミアム(リスクに応じた上乗せ利回り)への働きかけを適切に行う観点から、市場の状況に応じて、買い入れ額は上下に変動しうる」と明記されたころから買い入れスタンスが明確に変化している。

     直近の買い入れは10月が36億円(12億円×3回)、11月が12億円(1回)、12月が72億円(12億円×6回)、1月が12億円(1回)、2月が48億円(12億円×4回)と、巡航速度の75億円(900億円÷12)を大幅に下回って推移し、直近1年の買い入れペースは450億円程度まで減速している。堂々たるテーパリング(緩和縮小)である。減額の背景はREIT市場の堅調な推移と考えられる。東証REIT指…

    残り1054文字(全文1486文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事