教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第41話=板谷敏彦

    挿絵・菊池倫之
    挿絵・菊池倫之

    (前号まで)

     是清が欧米視察の旅に出ていた年、国内では内閣制度が発足した。近代化を急ぐ日本は鹿鳴館を作り欧化政策を進めるが、国論には列強との不平等条約への不満が沸騰していた。

    第41話 順調なる人生

     明治20(1887)年、是清32歳、ファンシー・ボールに代表される鹿鳴館外交が世間の非難を浴びる中、当時、野にいた不遇の熱い男、是清の盟友前田正名(まさな)も黙ってはいなかった。

     政府首脳の狂態に憤慨し、彼らを糾弾する建言「人心作興の意見書」を書きあげると、是清に頼んで伊藤博文…

    残り2610文字(全文2848文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット