教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第42話=板谷敏彦

    挿絵 菊池倫之
    挿絵 菊池倫之

    (前号まで)

     鹿鳴館で夜な夜な開かれる舞踏会に浮かれ列強との不平等外交に甘んじる政府要人への不満が高まる中、欧米視察を終えた是清は、糾弾の声を上げる前田正名に同調する。

    第42話 憲法発布の日

     戦前まで2月11日は紀元節と呼ばれた。現代の建国記念の日なのには深い意味がある。この日は神武天皇即位の日とされ、神話上の日本の歴史の始まりの日なのだ。

     明治22(1889)年のこの日、大日本帝国憲法並びに翌年からの帝国議会開設のための衆議院議員選挙法の発布の式典が、この日に向けて新築された宮中正殿の大広間で、午前10時半から挙行されることになっていた。

    残り2581文字(全文2854文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事