教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第43話=板谷敏彦

    挿絵・菊池倫之
    挿絵・菊池倫之

     欧米視察の旅を終え、是清は憲法発布の式典に参内するまでに出世していた。それも若き頃からの恩師・森有礼が育ててくれたからである。そんな森を殺害した男の方が民衆の中では人気が高かった。

     明治22(1889)年2月11日、憲法発布式典のその日に是清の恩人である森有礼(ありのり)は暗殺された。

     是清の落ち込み様はひどいものだったが、それから2週間ほどたった2月26日になると、前田正名(まさな)が工務局長として農商務省に復帰してきた。悲しみの中にも是清の切なる願望の一つがかない、いくばくかの慰めとなった。

     前田は以前農商務省に在籍した時に、地方からの殖産興業を目指して『興業意見』を書き下ろした。しかしその際の経済調査が全国の不景気の実態を浮かび上がらせて、結果として当時の松方財政を批判する形となってしまった。

    残り2479文字(全文2834文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット