資源・エネルギーワールドウオッチ

タイ 電力開発、新政権の課題に=澤木範久

    サコンナコン県に建設中の製糖工場・バイオマス発電所(後方)とサトウキビ園 (NNA撮影)
    サコンナコン県に建設中の製糖工場・バイオマス発電所(後方)とサトウキビ園 (NNA撮影)

     新電力開発計画(PDP、2018~37年)が揺れている。脱化石燃料の切り札、再生エネルギーに絡み、バガス(サトウキビの搾りかす)など農業廃棄物利用のバイオマス・バイオガス発電業界が「発電容量の割当比率が低い」と抗議した。

     PDPはプラユット首相を委員長とする国家エネルギー政策委員会が1月に承認。4月末に閣議決定したが、提起された課題は5月にも発足する新政権に持ち越される。

     抗議したのは、タイ・バイオガス取引協会のパチョン会長。PDPは37年の再生エネの総発電容量目標を1万8107メガワットと定めたが、うち1万2600メガワットを太陽光に割り当て、バイオマス・バイオガス発電は3922メガワットにすぎない。

    残り223文字(全文529文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事