教養・歴史ワールドウオッチ

ニューヨーク 演劇界支える大女優に功労賞=伊熊啓輔

    功労賞が贈られるローズマリー・ハリスさん (筆者撮影)
    功労賞が贈られるローズマリー・ハリスさん (筆者撮影)

     米演劇界で最高の栄誉とされるトニー賞は、日本でも渡辺謙さんが2015年、ミュージカル「王様と私」で主演男優賞にノミネートされたことで知られる。主催するトニー賞運営委員会は今年4月、半世紀以上にわたり活躍する女優ローズマリー・ハリスさんに功労賞を贈ることを発表した。功労賞は演劇やミュージカルに長年にわたって貢献した人物に与えられる名誉ある賞。6月9日に開催されるトニー賞授賞式で授与される。

     ハリスさんは1927年イギリス生まれ。52年にブロードウェー・デビューを果たすと、66年の演劇「冬のライオン」でトニー賞の主演女優賞を獲得した。その後も舞台、映画などで活躍を続け、91歳になる今でもミュージカル「マイ・フェア・レディー」に出演。1年以上のロングランを続ける大人気ミュージカルに、週に8公演というハードなスケジュールをこなす。

    残り142文字(全文509文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット